2018年11月26日

スタッフ リレーブログ⑤★伊藤奈々子

*スタッフブログ最終回!役者紹介と合わせて、お楽しみ頂けましたでしょうか。
今日は「好きな○○」について、音響・宣伝美術の伊藤が語ります。

IMG_2840



☆ ☆ ☆

こんにちは。

今公演で宣伝美術と音響を担当させていただいている伊藤です。

 

IMG_2651

フライヤー2

 

フライヤーについてたくさんの方から素敵なコメントをいただきまして、心がほくほくしております('ω')

 

さて、ブログテーマが「好きな◯◯」ということで、

私は好きなアニメについてお話させていただこうと思います。

 

 

と言っても某照明さんのように深夜アニメをチェックしているわけではありません

 

伊藤3

(公演会場のすぐ下の階で演奏されている軽音楽部のバンド曲のチェックも欠かさない某照明さん)

 

 

私の好きなアニメは、

 

伊藤4


ドラえもん
です。

 

どのくらい好きかというと藤子・F・不二雄ミュージアムに遊びに行っちゃうくらい大好きです。

欲しい道具はテキオー灯です。

(ご存知ない方は映画「海底鬼岩城」「ブリキの迷宮」をご覧ください。)

 

物心ついたころから、なぜか私の家には大量のドラえもん(映画)ビデオがありました。

しかし、これらのビデオはただの娯楽用品だったわけではありません。

 

母曰く「伊藤家の教育バイブル」だったのです。

 

私はひねくれた子どもだったので、親や先生から言われた事をいつも素直に受け止められませんでした。
(今もそうですが…)


ですが、架空のお話に登場する学びや教訓は、いつもすっと心に降りてきてくれました。

 

ドラえもんの生みの親である藤子・F・不二雄さんは自身の作品を「SF(すこしふしぎな)作品」と形容しています。

実際、ドラえもんには大人が子どもに対して説明しづらい社会問題がたくさん含まれています。

 

例えば映画「雲の王国」や「宇宙漂流記」では環境問題が、「鉄人兵団」では昨今話題のAIと人間の共存について描かれています。

 

これらの作品のおかげで、私は(なんとか)社会への関心を持って大きくなれた、といっても過言ではありません。

 

 

演劇見に行くのってハードル高いんだよね、とよく言われます。

当然だよなあと思います。

だって面白いかわからないし、1度入ったら90分くらいじっとしてなきゃならない。

役者に知っている人がいなければ尚更です。

 

でも、架空のお話って、普段素直に受け止められないこと、言いたいけど言えないこと、そういう物事を柔らかく私達に伝えてくれます。知り合いがいなくても、楽しめます。

 

一橋祭公演は終演しましたが、今後も劇団コギトは公演を行いますので、ぜひふらりと遊びにいらしてください。

またいつか、お待ちしております。

 

 



cogito201811 at 13:12|PermalinkComments(0)スタッフブログ 

2018年11月25日

スタッフ リレーブログ④★長澤実柚

*スタッフブログ第4弾!

公演の楽日でもある今日は、演出・長澤が語ります。

 

FullSizeRender


 

☆ ☆ ☆

 

こんにちは。今公演で脚本・演出を務めています、長澤です。

 

「好きな○○について書く」というお題だったので、

私は今回「好きな漫画」について語ろうと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・。

 

どうしよう。

 

迷います。

漫画をたくさん持っているわけではないのですが、好きな漫画は色々あるんです。

 

最新巻を発売日当日の朝に必ず買う『月刊少女野崎くん』だったり、

漫画喫茶で最終巻をボロボロ泣きながら読んだ『女王の花』だったり、

脳みそが完全に文系の私には全然何言ってるかわからないですが、とにかくやってることとキャラがバカ愛おしい『理系が恋に落ちたので証明してみた。』だったり……

 

非常に迷うわけです。

 

悩んだ結果、私が人生で初めて自分の意志で全巻揃えようと思った漫画について書くことにしました。

 

私がその漫画と出会ったのは、確か小学5年生くらいのときのことだったと思います。

本屋さんで初めの十数ページだけ試し読みできるようになっていて、それが面白くてその場で購入しました。

 

当時小学生の私には11000円近くするその漫画はポンポン買えるものではなく、

1か月数百円のお小遣いを貯めたりクリスマスプレゼントにねだったりしながら揃えていったのです。

 

その漫画とは……

 

長澤1

松本ぷりっつさんの『うちの3姉妹』です!

 

ご覧になるとお分かりでしょうが、この漫画、ジャンルとしては「育児エッセイ」です。

 

しっかり者で責任感が強いけどド天然な長女のフーちゃん、

自由人だけど人見知りな次女のスーちゃん、

食いしん坊でわがまま、自信家な三女のチーちゃん。

 

そんな3姉妹の日常(実体験)を描いています。

 

3姉妹がみんな方向性違って面白くて可愛いんですよね。

あとはお母さん(ぷりっつさん)のツッコミが秀逸で(笑)

 

3姉妹ちゃんの行動とか言動に「この子面白い!」って笑ったり、
自分が下に妹がいる長女なこともあってフーちゃんに共感したり…。

 

育児エッセイって親世代の方々が読むことが多い印象があるかもしれないですが、
長女のフーちゃんと1歳しか違わなかった私でもこの漫画は本当に楽しく読めました。

 

 

長澤2

全巻揃えたぜ!の図。カラフル。


このブログを書くにあたって、またこの漫画を読み返してみました。

もちろん面白いのですが、やはりいちばん最初に読んだ時とはどこか感じが違いました。

読み終わって、ふっとこんなことを思いました。

 

 

「私はいつから魔法が使えなくなったんだろう」って。

 

……いえ、違うんです待ってください説明させてください。

 

使い魔のテディベアと7色の光の魔法を使って悪魔をやっつける、シルバニアが夜中に動いて冷蔵庫を開けてご飯を作る、願うだけで物語や写真の中の食べ物が現実に現れる…。

 

子供のころって色々空想したじゃないですか。

『うちの3姉妹』の3姉妹ちゃんもごっこ遊びをしたり、自分の空想をお母さんに話したりしているんです。


私も中二病の時期を含め、中学生くらいまではそんな空想(妄想?)をしていたわけです。

「夜ベッドに入って空想し始めて、眠らないまま気づいたら2時間経ってた」とかやってたんです。   

 

きっとこんな空想の時間は、私が何歳になっても続くものだと思っていました。

でも、高校生の頃くらいからそんな空想をすることは激減しました。

代わりに勉強やら人間関係やら部活やらの現実がダアっと流れ込んできました。

 

この漫画を読み返して、「すごいな子供って!想像力豊かだなあ。」って思った瞬間、何だか寂しくなりました。

 

何の根拠もなく失わないと思っていた想像力が失われている自分に、寂しくなりました。

 

きっと、私の頭の中はもっと自由だったはずなのです。

今だって、きっともっと自由でいられるはずなのです。

 

…つまり何が言いたいかと言うと、中二病に戻りたいんですよね私(突然の暴論)

 

20歳の私は、この漫画を読んでこんなことを考えていました。


5
年後、10年後、20年後、私は『うちの3姉妹』を読んでどんなことを思うんでしょう。

3姉妹と同じくらいの年齢だったのが、いずれぷりっつさんと同じくらいになって。


その時に読んだらきっとまた違うことを思うんでしょうね。

 

本公演『フレームの外の、あの子』の短編は3本ともすべて、私が20年間で出会った人やもの、起きたことの色々が詰まった作品です。

5年後、10年後、20年後にきっと読み直したくなるんだろうな、と思っています。


皆さまと会場で良い時間を共有できることを心待ちにしております!

      



cogito201811 at 12:00|PermalinkComments(1)スタッフブログ 

2018年11月24日

スタッフ リレーブログ③★田中美希

*スタッフブログ第3弾!
「好きな○○」について、音響・制作広報の田中が語ります。

FullSizeRender


☆   ☆   ☆

こんにちは。
今公演では音響と制作広報を担当しています、田中です。

「好きな○○」ということで、私は「好きなこと」について書こうと思います。

好きなこと・趣味はいくつかあるのですが、
最近好きになったことの一つを紹介しようと思います。
それは、「写真を撮ること」です。

IMG_2825
いい感じの画像を見つけましたが、実際はiPhoneのカメラが精一杯です。

実は昔から、写真、正確には「写真に撮られること」が苦手でした。

カメラを向けられると、
相手に喜ばれる表情を作らなければいけない気持ちになるのですが、それがあまり得意ではなく…。

慣れるのに時間がかかっただけかもしれませんが、自分からカメラに近づくことは滅多にありませんでした。

言ってみれば、「フレームの外の、あの子」状態(物理的に)だった訳です。

…と言うと、演出さんに怒られそうな気がしますが笑


IMG_2651
今回の公演は「写真が苦手な人」とは全く関係ありません。


自分は「写真」を撮るのも撮られるのも苦手なんだろうな、と漠然と思っていました。


それがどうして「撮ること」を好きになったのか。

コギトで広報を何度か経験していることもあり、
宣伝のために団員みんなの写真を撮ったり集めたりする機会が増えてきました。

IMG_2805
一橋祭公演、初ステージ終了後の役者の様子。

おかげで私のスマホの中には、
自分が撮ったもの・他の人が撮ってくれたものも含めてコギトの写真がたくさんあります。
(幸せですね!笑✨)

そんな写真たちをたくさん見るように、あるいは見せるようになって、少しずつ見方が変わったのかなと思います。

うまく言えないのですが、
一葉の写真から伝わるもの、思い出すものが様々にあって、人によっても違って、面白いなと感じたのです。

撮影のノウハウや技術が私には全くありませんが、
後で見返した時に何か感情を持てるような写真を撮れるようになりたいなと、最近は思っています。

FullSizeRender
今公演のフライヤーの写真を撮影した宣伝美術・いとちゃん(2年)。
今回は一緒に音響を務めましたが、いつか写真の撮り方を教わりたいものです。

撮ることを好きになると、
不思議と、撮られることにも以前ほど抵抗を感じなくなりました。
それでも、まだ完全ではないのですが…。

コギトを卒業するまでに、いろいろな思い出を写真に残しておこうと思います。


さて、一橋祭公演も千秋楽を残すのみとなりました。
タイトルにもある「フレーム」は、皆さんにとってどのような意味を持つのでしょうか。

ぜひ、作品を観て体験して頂ければと思います。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。





cogito201811 at 21:10|PermalinkComments(2)スタッフブログ